言語聴覚士求人・紹介会社 > 言語聴覚士 転職 > 言語聴覚士 退職理由 残業・労働時間が長い

言語聴覚士 退職理由 残業・労働時間が長い


言語聴覚士の仕事、残業・労働時間が長いという悩み

転職の悩み
医療職の残業問題は、度々取り上げられます。

言語聴覚士(PT)だけではなく、作業療法士、理学療法士などセラピードッグ、看護師、薬剤師、もちろん医師も長時間勤務で日々、患者さんのために一生懸命頑張っておられる方がたくさんいらっしゃいます。

残業時間や労働時間に関しては、職場環境が大きいといえます。

残業がほぼ無し、定時帰宅が出来る病院など職場もありますし、毎日残業が発生、突発的に長時間の残業になる職場もあるでしょう。

言語聴覚士の方で、

「転職しようかな・・・」

とお考えになる方の中には、残業無し、定時に帰宅しやすい職場を希望されている方も少なくありません。

特に、女性の資格所有者が多い言語聴覚士(約8割が女性)は家庭の時間もしっかり持ちたい、とお考えになる方も多く転職理由となるケースは多いといえるでしょう。

年齢構成を見ても、20代、30代の言語聴覚士の方が多いですねから、ちょうど結婚されて、お子さんがいて、といった方も多いのではと思います。

社会人経験を経て言語聴覚士として転職をされる方もいますから、「家庭との両立」を重要なテーマとして職場選びをされている方も多いと考えられますね。

嚥下リハの専門家として、仕事へのやり甲斐を感じている言語聴覚士の方は多いと思います。

しかし、働き方としてシフト制で土日祝日、ゴールデンウィーク、お盆、正月含め年末年始も勤務があるSTの方は多いでしょう。

家族とのすれ違いなどもあり、

もう今の職場は難しいかな・・・もっと良い職場があれば転職したい

といった希望をお持ちの方は言語聴覚士が働く職場の詳しい情報を持つ、人材紹介会社・転職エージェントを活用してみる方法も検討してみてはと思います。

今すぐ転職では無い、良い求人があれば情報を知りたい、といった利用をされる医療職の方も多いんです。

言語聴覚士 転職サイト

キャリアコーディネーター
言語聴覚士の方が転職する際、、知りたい情報は専門的な事柄も多いですよね。

求人情報に掲載されている以上に詳しい職場の情報を知りたい場合もあると思います。
職場の人間関係までは求人に掲載されていませんし、実際の残業時間などに関しても同様ですね。
また、初めての転職をお考えになる際には不安がきっと多いとも思います。

退職手続きの進め方、転職の時期などで悩む事もあるのではないでしょうか。

多くの言語聴覚士はじめリハビリ職の転職支援をしてきている転職エージェントを活用される事で、そうした退職・転職にまつわるアドバイスをもらう事も出来ます。

ST転職に便利な言語聴覚士転職サイト

でご紹介をしていますが、

・マイナビ医療介護のお仕事
・PT/OT/STの転職なら【MEDFit】
・PTOT人材バンク

などSTを含め、リハビリ職の転職支援に多くの実績を持つ転職エージェントの活用をオススメしています。

転職先でどういった仕事をしていきたいか、経験を積んでいきたいかといった希望からも職場探しをサポートしてもらう事が出来ます。

利用は無料です。

お仕事について悩まれている方は、働き方も含めて相談されてみてはいかがでしょうか。

言語聴覚士 残業無し・定時に帰宅しやすい転職先

言語聴覚士として働くにあたり、残業無し・ほぼ無しで働く事が出来る職場を優先して探したい、という方も多いと思います。

ST求人を掲載している転職サイトを利用して、残業時間がほぼ無し、といった職場を探す事も出来ます。

例えば、保健所・保健センターは公務員としての勤務となりますし、残業も無く帰宅できる働き方が実現しやすい職場です。

ただし求人数が非常に少ないですから、転職先を探す際には、病院や老健、訪問リハなどの求人の中で、「残業無し」などでお探しになる場合が多くなるでしょう。

小規模の病院、クリニックは診療も時間通りに終わる事が多く、働きやすさという意味では魅力的です。

転職を検討される場合、職場の実際の情報を元に検討する事がとても重要ですね。

求人先にも足を運び、情報収集をする事に力を入れている転職エージェントを活用される方法は、そういった意味でもオススメです。

ST転職に便利な言語聴覚士転職サイト