言語聴覚士求人・紹介会社 > 言語聴覚士 転職 > 言語聴覚士 転職による年収アップ

言語聴覚士 転職による年収アップ


言語聴覚士の平均年収

医療職の知り合いからよく聞く話として、

年収

に関連した話があります。

30代になり、40代を前にして年収アップが難しくなってきます。
全く増えないわけではありませんが、思ったように年収が増えない、手取りも増えない。

でも、子供の成長と共に学費や習い事、住宅ローンなど出費は増えていく
それに加えて、親の介護の心配も出始める年代でもあります。

もうちょっと月の収入があれば楽なんだけどなぁ・・・

お互いの小遣いに関して盛り上げる事もありますね。

お昼代込みの友人もいれば、お弁当を毎日作ってもらえるので小遣いは丸々自分の趣味に充てられる友人も。

転職によって年収アップに成功した友人がいれば、やっぱり話題はそちらに流れていく事が多いですね。
飲み会ともなれば余計にです(^_^;

言語聴覚士の30代後半で平均年収は約400万円と言われています。
40代で年収400万を超える方が多いでしょうか。

とはいえ、こうした平均年収は年収額が高い層が引っ張り上げているケースも多いため、私の周囲では平均年収よりも低い(らしい)医療職が多いんですね。

管理職にあがるチャンスも少なそうだし、良い職場があったら転職しようかな・・・といった話題になる事もしばしばです。

地域によって給与相場は確かにあると思うのですが、基本的にその医療機関で勤めている限り、自分の将来的な給与額ってある程度は見えてきますよね。

役職が付かないと、昇給幅が見えている以上、現実的に年収アップを狙うのは難しかったりします。

転職による年収アップは現実的?

給与計算
現実的に年収アップを目指す事を考えた場合、転職という選択肢はまだまだ有効と言えます。

言語聴覚士の需要はこれからまだ高くなる事が予想されます。
(いずれは充足して、買い手市場になるかもしれませんが)

経験を積んで、しっかりとアピールすることが出来れば、例えば人材紹介会社を介して転職活動をした場合には、待遇(給与・年収)に関して交渉してもらうことも可能です。

人材紹介会社にとっての売上げは、求職者が病院、介護施設へ転職成功によるものです。
その際、転職者の年収によって売上げが左右されますから、少しでも高年収で転職出来ると双方にメリットがあります。

ですから、もし転職をされる場合には年収アップに関しても相談されると良いと思います。

地域で高年収・高額給与を提示して言語聴覚士を募集している病院、リハビリ施設などを探してもらう事が出来ます。

言語聴覚士の給料・年収はお勤めになっている職場によってかなり差があるのが実状でしょう。

新卒で入職した場合、他としっかり比較して職場を選んだ、とは言い難い言語聴覚士の方もいらっしゃると思います。

今の年収が低いSTの方は、転職によって年収アップする可能性はやはり高いといえそうです。

高年収!転職で年収500万以上を目指すためのオススメST転職サイト

パート・アルバイトを増やす事で年収アップ

転職せずに年収アップをする方法としては、パート・バイトがあります。

医療機関やリハビリ施設、介護施設に正社員として勤務しつつ、ダブルワークで働く事が出来れば、当然ではありますが働いた分だけ給与アップします。

週1日~OKの訪問リハビリの求人なども多く見る事が出来ます。

正社員としてお勤めになっている場合には、副業禁止となっていないかどうか就業規則を確認する事が必要です。

副業・Wワークをするのであれば、もしどうしてもお金が厳しい・・・といった場合には職場の上司に相談して、副業をしても良いかなどは確認を取ってからが安心かと思います。

ただ、副業をしてバレるリスクを考えると、正社員として転職を考えてみた方が良いかもしれませんね。

とはいえ、情報を集めてみないと判断がしにくい事でもあります。

お住まいのエリアでの言語聴覚士求人を調べてみて、高年収が得られる職場、必要な経験年数などを情報収集してみてはいかがでしょうか。

その方法として、言語聴覚士の求人・転職サポートを行っている人材紹介会社を活用する方法もあります。

良い職場があれば、といった事で登録・相談をされる方も多いです。

情報収集の活用も無料ですから、迷われているSTの方も相談されてみてはいかがでしょうか。

高年収!転職で年収500万以上を目指すためのオススメST転職サイト