言語聴覚士求人・紹介会社 > 言語聴覚士の求人 > 言語聴覚士 残業無しの職場へ転職

言語聴覚士 残業無しの職場へ転職


残業無しの職場への転職

言語聴覚士の離職理由に「残業の多さ」があります。

求人ページに【残業なし】【残業ほぼなし】と記載されていても、

「入職してみると残業が多かった…」

という話しを良く聞きますね。
人材紹介会社コンサルタント
言語聴覚士には女性も多いので、定時に帰れないと困る、夜ご飯の支度に間に合わない、という方も多いのではないでしょうか。

そうは言っても、周囲のリハビリスタッフが残業をしているのに「自分だけ先に帰る」とは言いづらい。パートやアルバイトなら定時に帰れても、正社員の場合は暗黙のルールがあったりしますよね。

私も残業が多い職場で働いていましたが、定時に帰ろうとすると上司に呼び止められ、「なんでお前だけ帰るんだ?」と言われました。

自分の仕事が終わっても、他のスタッフの仕事が残っていれば手伝ったり、何となく定時に帰りづらい雰囲気が出ていたり…そのような職場も実際にありますよね。

反対に、残業無しの職場もあります。

公務員として残業無しの職場で働く

「残業があるかどうか?」を入職前に、完全に知るのは難しいですが…それでも、元々残業が少ない職場の情報は分かりますよね。

たとえば公務員として国立、県立、市立病院で働けば、残業無しで定時に帰りやすいでしょう。

他にも、保健所、保健センターも残業無しで働きやすいですね。

残業だけでなく、土日祝休みだったり、プライベートの予定を立てやすい、という魅力があります。

知人の公務員を見ても、民間人とは感覚が違いますし、

「休みは取れて当たり前」

「有給は使えて当たり前」

と思っている印象を受けます。

保健所や保健センターへの転職は、病院や介護施設よりもハードルが上がりますが、チャンスがあれば目指してみてはどうでしょうか?

他にも、残業が少ない職場として教育機関があります。

聾学校や養護学校、ことば教室など、教育機関は残業が少ないと言われていますね。

原則的に教育資格が必要なので、全ての言語聴覚士が働けるわけではありませんが、条件をクリアしていればおすすめの職場です。

リハビリスタッフが少ない病院は残業がない?

病院のリハビリ科で働く場合も、セラピストが少ない職場を選ぶことで、「残業無しで帰れる可能性が高くなる」という話しを聞きます。

リハビリスタッフやセラピストが多い職場は、リハビリに熱心な職員が多いため、仕事終わりに勉強会を開くケースがあるそうです。

職員の多くが参加する勉強会やミーティングに「自分だけ参加しません」とはなかなか言いづらいですよね…。

そのため、スタッフが少ない職場は残業が少ない、という情報もありますよ。

あとはサポート充実の人材紹介会社を利用し、担当者に相談すると良いですね。

残業無しで働ける職場を探しています

と担当者に伝えれば、あなたの希望に沿った言語聴覚士求人を探してもらえるでしょう。

【関連記事】
院内託児所・保育所完備 病院 言語聴覚士求人
年収500万円以上 言語聴覚士求人
言語聴覚士 需要