言語聴覚士求人・紹介会社 > 言語聴覚士の求人 > 意外と多い、言語聴覚士(ST)求人

意外と多い、言語聴覚士(ST)求人


言語聴覚士(ST)求人

言語聴覚士(ST)の求人って意外に多いですよ。

理学療法士や作業療法士よりは少ないかもしれませんが、ST求人に強い転職サイト・人材紹介会社を利用することで、幅広い職場の求人情報が見られます。
言語聴覚士
中でも多いのは医療機関ですね。

小規模な病院・クリニックよりも、総合病院や大学病院のリハビリテーション科の募集が顕著です。

他にも、リハビリ専門の病院がST求人を出していることがありますね。

言語聴覚士としてスキルアップを考えるなら、そのような医療機関への就職、転職が大切ではないでしょうか。

後ほどお話しするように、言語聴覚士のニーズは医療機関に限りませんが、まずは大規模な病院で経験を重ねる方が、将来的に転職しやすいと思われます。

比率的にも『全体の7割近い求人が医療機関』というデータがありますし、病院求人をメインにしつつ、それ以外の募集を探すことで、

「ST求人って意外と多いな」

という感想を抱かれると思いますね。

介護施設の言語聴覚士求人は多い?

医療施設以外のST求人として、近年増えているのが介護施設ですね。

具体的には、老人保健施設、特別養護老人ホーム、福祉施設が言語聴覚士を募集しています。

言語聴覚士の仕事的にも「高齢者が対象になるケースが多い」と言えますし、日本は高齢化社会が進行していますから、

「今後ますます介護施設からのニーズは高くなる」

と予測できますね。

総合病院、大学病院、リハビリ施設と共に、老健や特養を候補に入れることで、より求人案件が探しやすくなりますよ。

また、件数的には少数ですが、養成校のような教育機関もSTを募集することがあります。

その場合は先天的な障害がある子供に対しての教育、および訓練となるでしょうか。

ある程度の経験が必要なポジションと言えますね。

以上、医療機関以外の職場にも目を向ければ、「ST求人って意外と多いんだな」と実感されると思います。

あとは実際にST求人が豊富な転職サイトへ無料登録し、ご希望のエリアで求人検索されて下さい。

地域によっても求人数は変わりますが、タイミングが合えば様々な職場の募集が見られますので。

【関連記事】
年収500万円以上 言語聴覚士求人
言語聴覚士 将来性
言語聴覚士 給与・年収