言語聴覚士求人・紹介会社 > 言語聴覚士の仕事 > 言語聴覚士 専門職としての魅力

言語聴覚士 専門職としての魅力


言語聴覚士として働く魅力

言語聴覚士の専門職としての魅力に関するページです。
言語聴覚士の仕事のやり甲斐
言語聴覚士は『話す』『聞く』『食べる』の機能が不自由な方に対して、訓練、指導、助言を行います。

経験豊富な言語聴覚士でも、すぐに機能回復するケースは少ないと思われますが、それでも長期的に高齢者と関わりながら、リハビリを続けることで、少しずつ回復が見えるのではないでしょうか。

そのように長期間、高齢者と関われることが魅力の一つですね。

私の父も現在、大学病院へ通院してリハビリを行っていますが、医師、看護師と共に、理学療法士のようなリハビリ職の方々と関わっています。

言語に問題はないので言語聴覚士さんとの関わりはありませんが、それでもリハビリが長期に及んでいますし、機能維持という部分で大切な時間なんですよね。

患者さんには様々な方がいますが、短期的な関わりだけでは分からない、見えない事柄も多いと思います。

しかしリハビリという専門の仕事を通して関わることで、少しずつ患者さんを把握できたり、どのようなリハビリを行えば気持ちが前向きになるか、も分かるのではないでしょうか。

機能維持、機能回復の効果は患者さんの気持ちにも左右されますから、

『患者さん自ら積極的にリハビリに取り組む姿勢を見られる』

という魅力も大きいですよね。

リハビリを通して効果を感じられる魅力

もちろん、言語聴覚士の専門性としてリハビリプランの作成と実行があります。

脳梗塞などで後遺症が残った患者さんに適切なプランを組み、リハビリを通して効果が現われることに、大きなやり甲斐を感じられるでしょう。

やり甲斐を感じられれば、より言語聴覚士の仕事に魅力を感じられますし、自信を持って業務に取り組んだ結果、気付けば貴重なスキルが身に付いているかもしれません。

そのくらい達成感、充実感は大切ではないでしょうか。

特に言語聴覚士は、言語が不自由な高齢者、患者さんと接するので、最初は意思疎通が難しいこともあります。

理学療法士のように身体機能が不自由な方と接する苦労もありますが、言語聴覚士は言語が不自由な患者さんに対して、

「こちらの意図が伝わっているかどうか分からない、日々の変化が見えづらい」

という状況があるかもしれません。

そのような手探りの日々の中、少しずつ機能回復が見られることに、専門職としての魅力があるのではないでしょうか。

理学療法士や作業療法士と比較して、まだまだ言語聴覚士の数は少ないですが、その分、希少性が高い、将来性が見込める、とも考えられますので、積極的にスキルアップを考えて下さいね。